Cerca nel sito

動画

ピニオンの旋削

心押し軸側センタに1000 kg を超える推力を加える機械では、高度な切削パラメーターを使用しつつ、2個のバイトを同時使用した旋削が可能になります。

スタブアクスル(リア レフト)

特別な部品でも、フェイスドライバーを使うことにより、さまざまなチャック方式を研究せず、高価で複雑な工程を経ることなく、集約された工程で仕上げることができます。

浸炭、焼入れ後のピニオンの旋削

近年、焼入れ後の旋削は注文が増えた加工になりました。固定センターポイント付フェイスドライバーを使う、この加工(これにより研削の必要がなくなります)では、公差と仕上げの点で厳密さが要求されます。

同軸度と剛性を完璧に保持するために、超硬合金製のドライブピンが使用され、ロックウェル硬さ67 HRC までの硬いスチールでも、最適のクランプを保証します。

このフェイスドライバーに組み合わせるべきものとして、高精度、高剛性の新しい2008シリーズの回転センタがあり、研削に等しい旋削加工をする時に最適です。

5気筒エンジンのシャフトの旋削

固定センターポイント付のフェイスドライバーでセンターを切削し、このようなバランスが取れていない部品においても最大の剛性を保証します。材質は鋳鉄です。

フライホイールのサイ側とはめ込み部の端の切削を集約した1つの工程でおこないます。

単気筒エンジン用クランクシャフト

この困難な作業は、固定センターポイント付フェイスドライバーを使用することで可能になります。把握するための直径が小さいにもかかわらず、動画にあるように、中心の2個の円盤の加工もできました。

また、固定センターポイント付フェイスドライバーを使うことにより、バランスが取れていない部品を加工する場合においても、安定性と同軸度を保持することが可能になります。

トランスミッションのプライマリーシャフト

ステディレストを使用することで、溝を切る時に生じる振動を最大限に削減することができます。

プライマリーシャフト(ステディレストを使用しない場合)

工作物が長く、把握するための直径が小さいにもかかわらず、フェイスドライバーを使うことで、作業パラメータを変更することなく、加工ができます。

デファレンシャルボックスの旋削

中心の突合せ、穴の切削を終えると、工作品はフェイスドライバーと回転センタのセンターに乗せられて、集約された1工程で加工されます。

この加工では、全部分が穴やセンターに対して同心円状になり、精度の高い加工となっています。使用材質は鋳鉄です。

Ø 300 の旋削とフライス盤切削

NC 旋盤、可動バイスを使用した旋削とフライス盤切削。
Ø300 の外周旋削と、続く切削バイスによる面の切削。