Cerca nel sito

旋削・研削用重荷重回転センタの88シリーズ。

資料を請求する

FRB ではまたもや従来の図式を脱するベアリング搭載の回転センタを開発しました。
この FRB のプロジェクトでは、回転センタはベアリングと一体化します。
これにより、外寸をコンパクトにまとめあげ、センタの振れを防ぐことができますので、大きな直径の回転シャフトの使用が可能になります。同等のアタッチメントを持つ製品として、これほどの実質アキシャル荷重とラジアル荷重を特色とする製品は他に存在しません。
CM6~M120のアタッチメントが標準仕様となっています。ご要望によりM160 のアタッチメントもお届けします。
この回転センタは、60°のインテグラルシャフト、円すいリング取付のバージョンで展開され、すべて取り付けナットが付属しています。

CONTROPUNTE PER CARICHI PESANTI

特徴:

  • 最大の剛性と容量をお届けするために、すべてがローラーに取り付けられます。
  • ローラー上でシャフトと直接に組み合わせることにより、コンパクトな仕様になっています。これにより、容量と剛性が向上します。