Cerca nel sito

研削用回転センタの92シリーズ

資料を請求する

高精度の研削用回転センタを実現するために、シャフトやステムに密着し、分割された5個の高精度ベアリングが取り付けられています。標準仕様で3種類の形状が可能なシャフトの末端部には、あらゆる条件下でシャフトと最良の接触を実現するために超硬合金が使用されています。この回転センタには、互換性センタホルダー、円すいリングヘッド取付のバージョンがあり、同じ仕様と特色を備えています。
標準仕様ではグリース方式潤滑となっていますが、ご要望があればオイル噴霧方式潤滑も提供します。機械との連結は、CM3、CM4、CM5への対応となっています。アタッチメントやセンタの形状が選べます。
CONTROPUNTA SERIE 92 AD ALTISSIMA PRECISIONE PER RETTIFICA

特徴:

  • 回転センタのそれぞれに6個のローラーベアリングが付属しており、高精度を保証します。
  • こちらも超硬合金製センター。焼入れ鋼を含むあらゆるワークをしっかりと保持することができます。
  • 外部潤滑装置により、回転センタの寿命が長くなります。